鹿児島インサイト

リモート開発(ニアショア開発)

コロナ禍によりシステム開発のスタイルが大きく変わりました。在宅ワークに代表される「遠隔地からのリモート接続による開発」の定着です。 このリモート開発では、発注側も受注側も、従来のオフショア開発やニアショア開発の問題点を解消でき、お互いに大きなメリットがあります。この開発形態は、アフターコロナでも拡大していくと考えています。 ここでは、当社のリモート開発への取り組みをご紹介します。

鹿児島 リモート開発 ソフトウェア開発 システム開発 ニアショア開発

首都圏など都市部のお客さま

リモート開発のご心配

情報セキュリティ 情報漏洩しないか。管理の仕組みや体制はあるか。技術者の意識は十分か。
技術力 どのような開発実績があるのか。どのような技術を持っているのか。
プロジェクト管理 進捗状況は見えるか。品質管理はできているか。管理者のスキルは十分か。
コミュニケーション 意志の疎通は図れるか。顔は見えるか。手法や頻度はどうか。
稼働(勤怠)管理 稼働状況が見えるか。無駄な作業は発生しないか。
リモート開発実績 どのような実績があるのか。どのような技術、ツール、手法を用いるのか。
契約形態 派遣の許認可は受けているか。準委任や請負契約は可能か。

情報セキュリティ
情報漏洩しないか。管理の仕組みや体制はあるか。技術者の意識は十分か。

技術力
どのような開発実績があるのか。どのような技術を持っているのか。

プロジェクト管理
進捗状況は見えるか。品質管理はできているか。管理者のスキルは十分か。

コミュニケーション
意志の疎通は図れるか。顔は見えるか。手法や頻度はどうか。

稼働(勤怠)管理
稼働状況が見えるか。無駄な作業は発生しないか。

リモート開発実績
どのような実績があるのか。どのような技術、ツール、手法を用いるのか。

契約形態
派遣の許認可は受けているか。準委任や請負契約は可能か。

お客さまにご用意いただきたいもの

VPN環境 お客様構築のセキュアなネットワークに当社から接続します。
開発環境(リモート接続) お客様の開発環境に当社からリモート接続します。
開発用PC(必要に応じて) お客様から貸与いただく場合がほとんどです。当社で準備することも可能です。

VPN環境
お客様構築のセキュアなネットワークに当社から接続します。

開発環境(リモート接続)
お客様の開発環境に当社からリモート接続します。

開発用PC(必要に応じて)
お客様から貸与いただく場合がほとんどです。当社で準備することも可能です。

鹿児島インサイトのリモート開発力

鹿児島 リモート開発 ソフトウェア開発 システム開発 ニアショア開発
入退室管理 専用ICカードによる入退室管理システム。社員以外の入室はなし
VPN接続 専用端末によるお客様構築VPNへの接続
ウィルス対策 ウィルス対策ソフトの導入(ESET)、週次のWindows Updateなど
ノウハウ Vue.js、React、Java、Javascript、Typescript、php、html5、AWSなど
プロジェクト管理 進捗状況の見える化(Brabio!) 、朝会(社内、お客様)など
品質管理 社内レビュー、お客様リモートレビュー、社内品質管理、社長レビュー
ソースコード管理 Git、AWS code commit、Subversion
コミュニケーション Teams、Zoom、メール、専用電話(必要に応じて)
稼働管理 e-staffing
リモート開発実績 金融機関向け顧客管理システム、電力販売営業支援システム、生協システムなど
一般労働者派遣 労働者派遣事業許可番号:派46-300219

入退室管理
専用ICカードによる入退室管理システム。社員以外の入室はなし

VPN接続
専用端末によるお客様構築VPNへの接続

ウィルス対策
ウィルス対策ソフトの導入(ESET)、週次のWindows Updateなど

ノウハウ
Vue.js、React、Java、Javascript、Typescript、php、html5、AWSなど

プロジェクト管理
進捗状況の見える化(Brabio!) 、朝会(社内、お客様)など

品質管理
社内レビュー、お客様リモートレビュー、社内品質管理、社長レビュー

ソースコード管理
Git、AWS code commit、Subversion

コミュニケーション
Teams、Zoom、メール、専用電話(必要に応じて)

稼働管理
e-staffing

リモート開発実績
金融機関向け顧客管理システム、電力販売営業支援システム、生協システムなど

一般労働者派遣
労働者派遣事業許可番号:派46-300219

リモート開発のノウハウと実績により、お客様に安心をご提供します

当社代表とお客様責任者の間で、課題解決や情報共有を目的とした定例会議を実施しています。また、当社独自の情報セキュリティ規約に基づく内部監査も行い、お客さまに安心して任せていただける取り組みを続けています。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせへ